もぴゃぽめる

遠距離恋愛な大学生カップルの雑記ブログ

3markets[ ]が好きだという話

彼がセカオワの話をしていたので彼女も自分の好きなバンドについて書こうかなあと思う。

 

3markets[ ](通称スリマ)を知ったのは2017年の冬だった。すきな漫画家の世紀末さんがスリマのシングル「バンドマンと彼女」のジャケットを書いていることを知ってはじめて曲を聴いた。

 

わたしが聴いたはじめてのスリマの曲は「僕はセックスができない」という曲。

 

youtu.be

 

タイトルのインパクトもさることながら、とにかくボーカルのカザマさんの声が素敵だなあというのが第一印象だった。それに、思ったことをそのまま口に出しているようにストレートな歌詞が何より心を揺さぶった。ジャンルで言えばこの曲は恋愛ソングに当てはまると思うけれど、「愛してる」とか「一生一緒」とかありきたりな言葉で歌わないところが好きだ。とにかく好きだ。

 

スリマははじめて全曲しっかり時間をかけて聞いたバンドかもしれない。スリマとの出会いでわたしは今までサブカル気取りで嫌だなあと思っていた邦ロックが好きになった。

 

スリマを聴きたくなる瞬間は、彼氏と喧嘩した時であったり、学校や部活や家庭で嫌なことがあった時、特に何もないけれどメンタルがボロボロになっている時とかネガティブな瞬間が圧倒的に多い。スリマの公式Twitter曰く、「このバンドもしかしたら好きかも、と感じた人はそろそろ自分の人生に疲れてるので次のパーキングエリアで早めの休息を。」らしい。もはやこのbioの文章ですらセンスがあって大好きだ。

 

twitter.com

 

1番好きなスリマの曲は?と聞かれると、たぶんめちゃくちゃ戸惑う。1曲に絞ることができないからとりあえず少しだけ載せてみる。

 

おすすめ1曲目は「ホームパーティ」

 

youtu.be

 

行事の打ち上げとか部活の飲み会とか、とにかく大勢が集まる会に出席するとき、わたしはとにかく気を遣ってしまう。自分の言動はもちろんのことだけど、他人の言動のフォローをして頑張って頑張って楽しい空気を作ろうと思ってしまう。楽しい空気を作るために空気を読んだうえで空気を読まないこともする。どれだけ面白くない会でも笑っていなければ、みんなに合わせて話をしなきゃと気負いすぎることもある。この「ホームパーティ」という曲はまさにそんな感じの曲で、パーティに誘われて嬉しいけど、みんなに合わせられなくて空気を読めなくて…みたいな歌詞だ。共感しつつ苦しくなる曲だけど、「誘われて嬉しかった」という一節で、うわ~誘われること自体は嬉しいっていうのまじで分かる!!!!という気持ちになれる曲でもある。

 

おすすめ2曲目は「レモン×」

 

 

「わかる」って言葉はとっても便利で、だいたい「わかる」って相槌をうつ。別に反対でも賛成でもどっちだっていいけれど「わかる」って返事をする。この曲の歌詞で圧倒的に登場回数が多い言葉は「わかる」だ。嫌われたくないから「わかる」って言葉で曖昧に相槌をうつ。他人の愚痴とか、どうでもいい質問とかに対して曖昧に返事をするのは自分の意見も特にないうえに、仮に意見があったところでそれを前面に押し出すと嫌われるんじゃないかと不安になるからだ。「レモン×」を聴いてもやっぱり苦しくなる。だけどこの曲もすごく好きだ。

 

スリマの曲は聴くと胸が締め付けられたり苦しくなったりしてしまう。だけどそれでも、ネガティブな気持ちを救ってくれる。スリマを聴いている間に、気づくと気持ちは穏やかになっている。聴きながら泣くこともあるし、腹を立ててイライラしながら聴くこともある。だけどスリマを聴くと「まあいいか」という気持ちになれる。わたしにとってのスリマは精神安定剤。スリマに救われながら日頃のネガティブをふわあっと消しているのだ。