もぴゃぽめる

遠距離恋愛な大学生カップルの雑記ブログ

サッカー部マネージャーになって感じたこと

高校1年生の春、わたしはサッカー部のマネージャーになった。当時のわたしは思ってもいなかっただろうが、この「サッカー部マネージャー」という役職を大学入学後も続けることになる。それだけわたしの人生にとって大切なパズルのピースになっているものだと思う。

 

サッカーに特別興味があったわけではない。弟や叔父がサッカーをしていたとはいえ、わたしは水泳とソフトボールしかスポーツ経験はなかったし、サッカーのルールは「手を使ってはいけない」ぐらいしか知らなかった。

 

ではなぜ急にサッカー部のマネージャーになったのかというと、高校ではじめて出会って一言も話した覚えのないクラスメイトから「一緒にマネージャーやろう」と誘われて言われるままに二人で体験に行ったら断れなくなっただけである。

 

そんな風に適当にはじめてしまったせいで、初期は割と淡々と言われた仕事をこなす日々だったと思う。だから毎日つまらなかったし、部活に対するモチベーションは低かった。

 

部活を好きになり始めたのは1つ上の代が引退してからだと思う。部員の数が大幅に減って一人ずつゆっくり話すことができるようになった。毎日顔を合わせて毎日話すようになると、性格の違いとかプレースタイルの違いがなんとなく分かるようになってきて、「この人は褒めたら伸びるタイプだなあ」とか「この子に優しく甘く接していたら怠けちゃうよな」とか分かるようになってきた。

 

試合の前にどんな風に声をかけてあげるべきか、もしくは何も声をかけずに放っておくべきなのか。部活を休みがちになってしまった子がいたら、積極的に話しかけるべきなのか、気分が上がるまで待ってあげるべきなのか。部活以外の学校生活でどんな風に接してあげるべきか考えながら生活するのがすごく楽しかった。

 

やりがいを感じていないと高校、大学でマネージャーを続けていくことはなかったはずだ。わたしが何よりモチベーションにしていたのは「選手たちがだいすき!」という気持ちだったり「わたしがサポートすることで彼らにとっての部活が少しでも楽しいものになってほしい」という気持ちだった。

 

負けたらそこで引退になってしまう高校総体で、わたしは選手ひとりひとりに手紙を書いた。プレーに関してはわたしが言えることは何も無いから、メンタル面や生活面で「君はこういうところが最高だよ!」とか「こういうところに気を付けるんだよ!」とか「君はチームにとってこういう存在だよ!」という書き方しかできなかったけれど、全員しっかり読んでくれたみたいで試合後に「ありがとう」というLINEが選手たちから次々来て嬉しくて胸がいっぱいになって泣いたのを覚えている。

 

でももちろんマネージャー生活は楽しいことばかりじゃなくて、選手から文句を言われることなんて日常茶飯事だったし、特にわたしは彼らの母親かのように頻繁に声掛けをしていたし、「そういうところ良くないからちゃんと直しなさい」と注意することも稀にあったからウザかっただろうな~と思ったりもする。「マネージャーって正直いらなくね?」とミーティング中に目の前で言われたこともある。高校、大学問わず、わたしはマネージャーとして軽視されて「何言っても怒らないだろう」とか「何しても黙って働いてくれるだろう」と選手から思われてきたんじゃないかな?と思っている。

 

マネージャーは悪く言えば雑用係だというのは間違っているわけではないと思う。だけど、あくまでマネージャーがしている作業は、本来、選手がするべき作業であって、負担軽減のためにマネージャーが手伝っているに過ぎないとわたしは考えている。だから少しだけマネージャーが普段している作業を選手がやってみた際に「手伝ってあげた~」と自慢げにされてしまうと複雑な気持ちになる。見返りを求めていたり、感謝されたいわけでも褒められたいわけでもないが、「マネージャーがやって当たり前」だと思われたくない。

 

マネージャーは選手のために存在していて、あくまで負担軽減のためのサポートをするための役職だとわたしは思っている。あとは、どれだけ選手の支えになれるかが重要で、それは仕事面だけではなく精神面でも同じことである。

 

どうせなら可愛いマネージャーがいいんだろうなあ…と悩んで落ち込んだ時期もあったけれど、今更わたしは可愛いマネージャーにはなれない。高校時代から胸に留めているのは「仕事ができるマネージャー、いざというときに頼ってもらえるマネージャーになる」ということだ。揉めて辞めたいと思うことは数えきれないくらいあるし、練習に行くのが憂鬱な日もたくさんあるけれど、わたしがマネージャーをしているのは「選手がだいすき」だからである。

 

こんなにもだいすきだと思わせてくれる選手はすごいと思うし尊敬もしている。4月からはマネージャー5年目になるし、これからも彼らのために頑張りたいな~と思いながら明日の部活の準備をしよう。