もぴゃぽめる

遠距離恋愛な大学生カップルの雑記ブログ

「彼女へのプレゼントを選びに、異性と2人で買い物に行く」ということ

最近、TOKYO FM の月曜から木曜の夕方にやってる「Sky Rocket Company」という番組を聴くのが好き。

パーソナリティーのマンボウやしろさんのキャラがたまらない。あと、最近は就活関連のお悩み投稿も多いので、

昨日の放送の、ラジオドラマのコーナー(sweet 30 confidential 第14回)が、「彼氏に浮気疑惑?!」という内容だった。

早速ネタバレになって申し訳ないが、「彼氏が他の女と歩いてるのを街で見かけて、問い詰めてみると嘘つくから怪しんでたら、彼女へのサプライズプレゼントを一緒に選んでた」という、ありがちな内容だった。

そういえば、ラブストーリーにこの手の展開は必ず一度は差し込まれがちな気がする。たとえば、「逃げるは恥だが役に立つ」の後半とか。(こちらもネタバレ申し訳ない)

以前、彼女と「相手のプレゼントを選ぶために、異性と2人で買い物するのはアリか?」という話題を話したことがあるけど、2人揃っての見解は「ナシ」だった。

彼女いわく、「彼氏が自分のために選んだものをもらっても、半分他の女のチョイスが入ってるなら、もらいたくない」そうだ。

僕自身も、逆の立場だったら同じこと思う気がする。

僕と彼女は、わりとお互いが欲しいと思ってるものをお互いに共有してる。だから、他の異性にコンサルティングしてもらう必要がない。

いま彼女が欲しがってるのはピアス、そして僕が欲しいのはネクタイピン。今度のGWの帰省のときにはプレゼント交換をする予定です。(ネクタイピンは、ZOZOTOWNのアカウントを持ってる彼女に欲しいやつをリクエストして費用を建て替えてもらったので、忘れずに返金しないといけないけど)

カップルが仲良くする上では、プレゼントに対する価値観、相場の感覚、サプライズ耐性の有無、などの相性が合ってるかどうかが大切らしい。

彼女の友人には、クリスマスや誕生日にお互いにブランドものを渡し合ってるカップルがいるらしい。

人それぞれ考えはあると思うけど、僕としては、あんまり高いものを贈り合うは合わない気がする。

高いものを贈るには、それが本当に相手に会うか、相手がすでに持ってるブランドでないか、などなどを綿密にリサーチしておかないといけない。

一度のプレゼントを買うためにそこまでエネルギーをかけると、プレゼントを渡すことのハードルが2人の中で上がってしまって良くない気がする。

それに、一度ブランドを渡すと、次回渡すブランドのランクを前回より下げるわけには行かなくなり、お互い渡し合う回数が重なるにつれて、相場が上がっていってしまう気がする。

そうなるくらいなら、温泉とか旅行とか、2人で過ごす特別な時間のために貯金しておいた方がいいよなあと思う。

幸せは数値化できるものじゃないけど、年に数回のイベントにブランドをプレゼントするより、日々のちょっとしたプレゼントとかサプライズを大切にした方が、長続きするような気もする。

sweet 30 confidential 第14回